アウトソーシング

Posted by roperonhealth.com On 12月 - 17 - 2013

日本は、国土の全てを海に囲まれた島国です。そのため、諸外国とつながるためには海路が重要な役割を担っています。
貿易や物流において、海路にはさまざまなメリットがあります。まず、空路に比べてコストが安いこと。大量のものを一度に輸送できること。車などの大型製品をそのまま積みこむことができることなどが挙げられます。

日本はたくさんの衣類や水産物、農産物などを諸外国から海上輸入しています。特にアパレル商品や100円ショップなどで販売される雑貨などは、人件費の安いアジア諸国の工場で生産し、海上輸入を経て日本国内で販売するというシステムが広く用いられています。
多くの企業が、どうすれば物流にかかる費用を削減することができるか、よりスピーディーに輸送することができるかに頭を悩ませていることでしょう。
海外と貨物のやり取りをするには、国内輸送とは比べ物にならないほど多くの手続きが必要となります。海上輸入のふりをして、海外から違法な薬品や日本の生態系に悪影響を与える動植物などが持ち込まれていないかを、きちんとチェックしなければならないからです。それらを全て自社でまかなっていては、余計な手間とコストがかかります。

そのため、海上輸入における物流業務は物流を專門とする業者にアウトソーシングしている企業が増えています。
海上輸入をより早く、安く、確実に遂行することは、事業を発展させる上で欠かせない重要事項なのです。

外部リンクへ